営業職採用

社員インタビュー

Yamashita_Main

 

<インタビュー動画はこちら>

 

約束されたキャリアを蹴ってでも「この人」のようになりたい。

私は某ハウスメーカーで、不動産営業として働いていました。数年前にマニュライフ生命の支社長とお会いする機会があり、何度か声をかけられました。当時は、転職する気がなかったのですが、自分の身内に不幸があり、保険の大切さについて考えるように。

決め手となったのが「Jump Up採用」という将来のマニュライフ生命を背負って立つプロジェクト採用の候補として選ばれたこと。そして何よりも支社長の人柄に触れ、「この人のようになりたい」と思ったことです。将来を約束されたキャリアパスを蹴ってでも支社長のもとで働きたいという想いで転職しました。

 

yamashita_1

 

 

ただの成功では終わらない。トップルーキーは通過点。

入社後、全国で同じJump Up採用枠の同期が集い、1ヶ月間の合宿研修を経験。同じ志の仲間が仕事に対する情熱を語り合い刺激を受けました。研修のトレーナーからも「覚悟をもってやってきたのだから、ただの成功で終わるな」と。やるからには一番、まずはトップルーキーを獲得し、年間で競うプレジデントカップ*に選ばれるため、がむしゃらに頑張ってきました。

1年目でふたつの目標を達成し、今は次の目標であるマネージャーを目指しています。一人でも多くのお客さまのお役に立ちたい、高い目標を掲げることこそがお客さまへのよりよい提案につながっていくと思っています。

 

Yamashita_2

 

プレジデントカップ…優れた営業成績を残したプランライト・アドバイザー(PA)を一堂に集めて刺激しあうことや、視察や研修に行くことで、お客さまからさらに評価されることを目的としています。

 

周囲を巻き込み、前を目指す力強さ。それこそが人間の価値。

働く上で重要なのは、誰とどんな環境で働くかということ。私は、支社長と出会い、さまざまなことを学びました。周囲のモチベーションをアップし、前に向かっていく強さ、そういう人を巻き込む力を持つことが人間としての価値です。価値ある人に私もなりたい、そして新しい仲間ともそれを共有したい。互いに価値の高い人間へと成長しようではありませんか。

チャレンジ精神や起業家精神を持った人であれば、間違いなく輝ける場所が私たちの支社でありマニュライフ生命です。

 

Yamashita_3

 

 

 

インタビュー動画

 

 

営業職採用に関する他のページを見る

 

 

 

 


 


 

▲ページトップに戻る