【無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)】

【無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)】

積立金は外貨(米ドルまたは豪ドル)で運用するから

海外の金利を活用した
運用成果が期待できる

月々一定額の「円」での払い込みにより

為替変動リスクにも対応!

毎月一定額を払い込む月払プランなら

月1万円からコツコツ貯められる!

「ご確認いただきたいリスクについて/この保険にかかる費用について」は、こちらをご覧ください。

 

自分で用意すべき老後資金額って? 

 

ご自分の老後の生活にどのくらいかかるかご存知ですか?

 

既婚の場合
独身の場合

ゆとりある老後に必要と考える生活費[1]

生命保険文化センターが行った意識調査では以下のような結果が出ています。

34.937.2万円/月

 

公的年金平均受給額(世帯別)[2]

一方、厚生労働省が発表している公的年金平均受給額は下記のようになります。

自営業者・専業主婦の
夫婦の場合
サラリーマン・専業主婦の
夫婦の場合

10万円/月

25.2万円/月

 

ゆとりある老後のために自分で用意すべき金額

下記金額は「ゆとりある老後に必要と考える生活費」と「公的年金平均受給額」の差額を示しています。

自営業者・専業主婦の
夫婦の場合
サラリーマン・専業主婦の
夫婦の場合

24.9万円〜

27.2万円/月

9.7万円〜

12万円/月

ゆとりある老後に必要と考える生活費[1]

生命保険文化センターが行った意識調査では以下のような結果が出ています。

33.4万円/月

 

公的年金平均受給額(世帯別)[2]

一方、厚生労働省が発表している公的年金平均受給額は下記のようになります。

自営業者の場合 サラリーマンの場合

5万円/月

20.2万円/月

 

ゆとりある老後のために自分で用意すべき金額

下記金額は「ゆとりある老後に必要と考える生活費」と「公的年金平均受給額」の差額を示しています。

自営業者の場合 サラリーマンの場合

28.4万円/月

13.2万円/月

 

上記のデータは、将来の動向を示唆あるいは保証するものではありません。

 

 

[1]出典:(公財)生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」

  • 金額の幅は、子供の有無や子供の年齢によるライフステージの違いによるものです。

[2]出典:厚生労働省年金局「平成26年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」

  • 金額は、「平成26年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」で公表されている厚生年金保険
    受給者の平均年金月額・国民年金受給者の平均年金月額をもとに算出した受給額例です。ご自身の受給額は、お手元に届いた「ねんきん定期便」をご確認ください。

 

当社アンケートでは、

40代以上の人の半数以上が老後資金準備を

始めているという結果になりました。

『当社の独自アンケート「ご契約者様アンケート」における未退職者で40代以上の回答』

Q. 老後の経済的準備をしていますか?

Graph

 

Retirement Fund

老後に必要な資金について、きちんと把握していますか?
不足額に見合う資金計画、しっかり立てていますか?

安心・ゆとりある老後に備えるなら、

老後資金の準備は
早めのスタートが大切です。

 

MLJ(BMC)16090601

 

個人年金保険で老後資金を準備するメリット 

 

預貯金が苦手でもためやすい!

預貯⾦や定期預金などは、貯めている目的以外でも使用することが可能ですが、個⼈年⾦保険は月々一定額が預金から自動的に引き落とされ、年金支払い開始日(老後に設定)まで引き出せないため、老後資金を貯めやすいと言われています。

 

 

税金が軽減できる!

個人年金保険の保険料は、所定の要件を満たせば「個人年金保険料控除」の対象となり、一定額が所得から控除され、所得税と住民税を軽減することができます。(平成28年10月1日現在)

 

 

終身年金を選べば長寿リスクを軽減!

終身年金は、生きている間はずっと年金がもらえるタイプの商品です。

早期に死亡した場合は、支払った保険料より年金受取額が少なくなるなどのデメリットもありますが、長生きした場合の生活資金不足などに備えることができます。

 

MLJ(BMC)16090601

 

 

外貨建って何がいいの? 

 

資産の一部を外貨で持つことで
資産が分散されリスクの軽減につながる!

資産分散について

「ひとつのカゴにすべての卵を盛るな」。昔からよくいわれる資産運用の格言です。

資産をいくつかに分けて運用することで、リスクが分散され、資産全体の価値が安定する効果が期待できます。

 

Egg Tray Image PC

Egg Tray Image SP

 

積立金は外貨で運用するから
海外の金利を活用した運用成果が期待!

資産を築いていくうえで「金利」は重要な要素のひとつです。

アメリカやオーストラリアは、日本と比較して相対的に高水準で推移してきました。

参考:過去の金利推移について

Line Graph PC

Line Graph SP

 

MLJ(BMC)16090601

 

 

こだわり個人年金(外貨建)特長 

 

月々一定額の「円」での払い込みにより
為替変動リスクにも対応!

為替レートは、為替相場の変動に応じて常に変化しており、それが外貨建て商品を購入する際のリスクのひとつとなっています。「こだわり個人年金(外貨建)」は、「一定額の外貨」ではなく「一定額の円」で外貨を継続購入することで、「外貨が安いときに多く購入し、外貨が高いときには少なく購入する」というドルコスト平均法のメカニズムが働き、為替変動の影響を軽減することが期待できます。

Rate Chart

 

ドルコスト平均法のメカニズム

Rate Chart SP

 

しかも年1.5%の積立利率を最低保証

「こだわり個人年金(外貨建)」は、積立利率が最低保証積立利率を下回ることはありません。最低保証積立利率は、「米ドル」「豪ドル」とも「年1.5%」です。

 

毎月一定額を払い込む月払プランなら
月々1万円からコツコツ貯められる!

毎月一定額の保険料相当額(最低1万円)を払い込んでいただくプランは、コツコツ貯めていきたい方におすすめです。

 

ライフステージの変化・為替相場の変動にも柔軟に対応!
払込額の減額、払込期間の延長もできる!

「こだわり個人年金(外貨建)」では、ご契約後の状況変化に応じて、ご契約内容を変更しながら、無理なくお払い込みのうえ、年金支払開始を迎えられるよう、以下のようなご契約内容変更の選択肢をご用意しています。

〈イメージ図〉

独身女性がご契約してからさまざまな変化に応じて

ご契約内容を変更する一例

Contact Person Image SP

 

A

保険料円払込額の減額

 

保険料払込期間中に、一定の範囲内で保険料円払込額を減額することができます。

  • 増額のお取り扱いはありません。
  • 減額しなかった場合と比較して、積立金額・年金原資は少なくなります。
B

保険料円払込額の
払込停止・再開

 

保険料払込期間中に、保険料円払込額の払込停止や再開ができます。

  • 払込停止しなかった場合と比較して、積立金額 ・年金原資は少なくなります。
C

保険料払込期間の延長

 

保険料払込期間を延長し、保険料円払込額を継続して払い込むことで年金原資をさらに大きくすることができます。

 

Contact Person Image PC

 

<各契約内容の変更について>

 

[払込停止の条件]

①ご契約日からその日を含めて120か月(10年)を経過していること かつ その期間の保険料円払込額が払い込まれていること

②保険料一括払・前納期間中ではないこと

 

[保険料払込期間の延長の条件]

次の条件を満たせば、何回でも延長することができます。

①延長期間が1~5年(1年単位)であること

②延長後の年金支払開始日における被保険者の年齢が80歳以下であること

 

[延長期間中の年金受取の繰り延べ]

保険料円払込額の払い込みを停止したまま、年金受取を先に延ばすこともできます。

「ご確認いただきたいリスクについて/この保険にかかる費用について」は、こちらをご覧ください。

MLJ(BMC)16090601

 

 

マニュライフ生命ってどんな会社? 

 

マニュライフ生命は、

カナダに本拠を置き125年以上の歴史をもつ

大手金融サービスグループ「マニュライフ」のグループ企業です。

 

マニュライフは、1887年(明治20年)に創業し、主にアジア、カナダ、米国を中心に事業を展開しているカナダ系大手金融サービス・グループです。初代社長は、カナダの10ドル紙幣に描かれている、カナダ初代首相のジョン・A・マクドナルド卿です。

Kind of Company

 

Company History

 

 

Bar Chart PC

Bar Chart SP

 

マニュライフ生命は、高い信頼のもとにお客さまのニーズにお応えしてきた実績があります。

また、健全性を示す指標では、高い水準を維持しています。

 

Company Detail PC
Company Detail SP

 

※1 2017年3月末時点

※2 格付けは格付け機関の意見であり、また取得日現在までの数値・情報に基づいたものであるため、将来的に変更される可能性があります。保険財務力格付けは、保険会社全体を評価しているものではなく、将来の保険金支払などについて保証しているものではありません。

 

MLJ(BMC)16090601

 

Pagetop